私が実践している水飲み健康法

私自身、40代に突入する頃から漸く健康を気遣う様になり、夜更かしや深酒はなるべく避ける様に意識し始めていたのです。所がそんな頃に、高校の同級生だった友人が脳梗塞で倒れたと知り、ショックを受けました。というのもその友人は、私とは違って健康をしっかり気遣い暴飲暴食を避けるといった食生活を実践していたのです。幸い脳梗塞は軽度のモノでしたが、お見舞いに行った際に友人は食べ過ぎや飲み過ぎを気遣うばかりで、摂取する水分の少なさを見落としていたと後悔していました。私もそこで自分の水分摂取量が足りているか不安になり、意識する様になったのです。いざ意識すると私の水分摂取量は明らかに、1日2リットルにも満たない状態で、この調子だと血液がドロドロになって行く事が予想されました。

なので水飲み健康法を実践して、血液がドロドロ状態になるのを防ぐ事にしたのです。ただし最初は市販のミネラルウォーターを購入して、冷やした状態の水を飲んでいました。ですが胃痛を誘発すると気付いたので、自宅にウォーターサーバーを導入してなるべく常温の水を飲む様にしたのです。すると胃に負担も掛からなくなったお陰で、無理なく水飲み健康法を実践出来る様になりました。こうして実践を続けた事で、まず起きたのがお通じの変化だったのです。私は基本的に毎日便は出ていましたが、年齢と共に固めの便が出る事が増えていました。

ですが水を積極的に飲む様になってから、便にきちんと水分が行き届く様になったお陰で、力まなくてもすっきりと出る様になったのです。他にもお酒を飲んだ翌日に、女性の様に足がむくんでしまう事がたまにありました。そういった症状も出なくなった上に、翌日お酒が残ってしまう事も少なくなったのです。更に全身の血流が良くなった事で、身体に疲れが残り難くなったのも実感出来ました。そのため以前よりも寝付きが良くなっただけでなく、明らかに朝の目覚めもすっきりする様になったのです。ただ水を多く飲むだけで、この様に様々な効果が得られるので、健康が気になる人は私の様に水飲み健康法を実践する事をおすすめします。